一日いっこの幸せ。怠け者の専業主婦の私生活垂れ流しブログ


by tama_mami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

イチゴリゾット IN TRENTO

(-_-)zzz(-_-)zzz(-_-)zzz(-_-)zzz(-_-)zzz(-_-)zzz(-_-)zzz(-_-)zzz・・・
ちょっとサボっている間に、またもや2週間あっという間に過ぎてしまいました。(>_<)キャ~!
人間年を重ねると、2~3週間なんてあっという間ですね。←意味不明
何事もなかったようにイタリア滞在記終わらせてしまおうと思っていたのですが、
基本的に真面目なのでこのままだと先に進めない・・・
すっかり冷めてしまったピザ状態ですが、続きです。お暇があったら読んでください。<(_ _)>

ボルツァーノのホテルをチェックアウトして電車に揺られて30分。りんご畑と葡萄畑を
眺めながら到着したのがトレンティーノ・アルトアディジェ州の州都トレント。
駅に荷物を預け、インフォメーションで街の地図を入手して街の中心地ドゥオーモ広場から
ブォンコンシリオ城までテクテク散策♪散策♪歩こ~♪
d0020685_16432392.jpg
丁度、城では15世紀から18世紀の時計展が催されていた。(11月6日まで)
城の各部屋に展示された豪華絢爛なアンティーク時計を眺めながらタイムトリップ。

城の中庭で栽培されている見事な葡萄を物欲しげに眺めていたら庭師の方が
「持って行きな~」と温かい言葉を掛けてくれたので、一房頂きベンチで食べる。
( ̄ー ̄ )モフモフ・・・うま~い!(^o^)
大量のあの葡萄・・・ワインにするのかなぁ?
d0020685_16102739.jpg
本当はこの下で葡萄を片手にニンマリの私が写っています。( ̄ー ̄ )ニンマリ





10月11日 昼食 DUE MORIにて
この店に入る前に他にも数件のレストランを覗いてみたがどうやらこの地域ではMIRTILLO
(ブルーベリー)を使った料理が有名なのか、何件かのレストランでブルーベリーソースを
使った料理をメニューに載せていた。
d0020685_1614478.jpg左上:スペック

右上:N子の注文したミネストローネ

左下:私の注文したブルーベリーのリゾット

右下:温野菜サラダ




この店日本語メニューがある事と、ガイドブックに載っていることから金額が高いのでは?
と思っていたが、いたってフツーの金額設定(barでパニーノより高いけどね)
上記の料理と炭酸水一本カフェ2杯で約5000円・・・やっぱり高いね!(>_<)ユーロマジック!
しかし、他店に比べてこの店が異常に高いわけではない。・・・と思う。
当初つっけんどんに思えたお店の男の子もイタリア語ペラペラのN子に対して相好を崩し
「僕よりイタリア語うまいじゃん!トスカーナ風だね♡」←すごい意訳
と、とても親切に接してくれた。語学の達者な友人と一緒だと楽だわ~( ̄ー ̄ )ニョホホ

d0020685_16354319.jpgさて、肝心のイチゴのリゾットの感想は、キノコがたっぷり入っていたりして、ブルーベリーの香も味もほとんどなく<ブルーベリー>の必然性を全く感じられなかった(笑)が、大変美味だった。
一口味見したミネストローネもおいしい!塩分がちょっと(すごく)きつめだったのが残念だけど、メラーノでもボルツァーノでも全般的に味が濃い目だったのでお土地柄か?


10月11日 夕食
d0020685_16562747.jpg
夜8時半頃ストレーザに到着。駅まで迎えに来てくれていたF夫。
合流後隣町まで夕食に行く。
F夫ったら、優しいんだから・・・それともお腹空いて待ちきれなかった?(-_☆)

10月12日 昼食
d0020685_1713193.jpgこの日はイタリア滞在最後の日。
ブラブラと街を散歩してお気に入りのパスタ屋で見たことのない食べ物を買ってお昼に食べる。
芋じゃなくてセモリーナ粉で作ったニョッキとお店のシニョーラが言っていたが、N子曰く、
「これ、パスタとして食べるんじゃなくて、付け合せなんじゃない?」
確かに食後の物足りなさが・・・(>_<)あちゃ~!
牛の脛で作ったゼラチンをサラダにして。


10月12日 夕食 機内食
d0020685_1719417.jpg帰りはミラノから夜の便だったのでまるまる一日ゆっくり出来た。旅の疲れも癒すことが出来た♪
空港までは仕事を途中で抜け出してくれたF夫が車で送ってくれたし、チェックインしてゆっくり出来る時間にちゃんと送り届けてくれたが、これで当分会えなくなると思うと、柄にもなく涙がこぼれて来そうになったので、彼らと「有難う」のハグを交わし慌しく出発ロビーに下りる。ウルウル
機内ではラッキーなことに3シート分一人で占領できた。(機内食も撮影できたわ♡)

何の計画性も持たずにふらっと2週間、ダラダラと遊んで過ごせたのも、私専用バスルームと部屋を提供してくれたN子F夫夫婦のお陰です。本当に有難う~!またよろしくね♡
[PR]
by tama_mami | 2005-11-04 17:47