一日いっこの幸せ。怠け者の専業主婦の私生活垂れ流しブログ


by tama_mami
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プリン

卵料理が超苦手。
ゆで卵は同じ出来に仕上がったことがありゃしない。
出し巻き卵や薄焼き卵などは比較的失敗しないのになぁ。
ただ以前焦げ目のついてないきれいな玉子焼きを得意満面に食卓に出したら
家人から「焦げ目がついている方がすきだなぁ」ボソッ
と、言われへこんだことがあるくらい。(-_-;)
多分、きっちり時間通りにゆでるという作業が私の正確に向いてないのだと思う。

そんな私はプリンを作るのも苦手だ。
3年前、始めてオーストラリアにやってきてしばらくした頃、
パステルのなめらかプリンが食べたい一心でプリンを作ってみた。
出来は散々。
味は何とかプリンだけど、どこがなめらかなんじゃい!と一人突っ込み。
微妙に爆発してるしぃっ。
その時の事がトラウマで(おおげさな)3年間プリンを封印していたのだが、
先日、生クリームの処理に困って禁断のプリンを作ったところ
大層おいしくきれいに出来たの。←写真ないんだけどね。ちっ
それを食べた家人曰く「おいしいね。市販品と同じ味がするよぉ!」
・・・それって、ほめ言葉なんでしょうか・・・?

で、この間お友達のおうちへ遊びに行ったとき手土産に巨大プリンを制作してみた。
今度は市販品(私にはスーパーの安物のというイミに聞こえた)の
風味がでないよう、ちゃんとバニラビーンズも使って。
d0020685_23403060.jpg

後ろに置いたティッシュboxで大きさが分かると思うけど。
分からないですか?すみません、黒でバックに溶け込んじゃってますね(^^ゞ
それを見た家人曰く、「へぇ、おいしそうなグラタンだね~」
・・・ビジュアルが美しくないか、そうかそうか、お菓子は見た目だものね。

ちょこっと反省した私が今日作ったもの。
d0020685_23445833.jpg

ぼけた写真で見る限りは一応プリンの形になってる。
だけど、おもいっきりスが入ってましたからぁ!
心優しい家人は
「おいしいよ。穴がぼこぼこ空いてるけど、おいしいっ。だけど僕プリンは紅茶の味がしない方が好きだなぁ」ボソッ
そうかそうか、君はプレーンなプリンが食べたかったんだね。ごめんね。

毎回レシピどおりに作らないで気分に負けて色々な事しちゃうのが敗因かしら・・・
私の打倒プリンの旅はまだまだ続く。



私は料理が得意ではないけど、作ることは嫌いではないし
食べることにいたっては大好きです~
夜中でも何でも、ふと頭を横切る食べ物があると、すぐさま食べなくては気がすまない。
以前東京で一人暮らしをしていたときなどは、深夜の料理番組でおいしそうなものを見たら、
たとえお腹が空いてなくても、夜中の2時でもコンビニへ走ってました。
パジャマの上にコート着て・・・
そんな時、口にするのは別にTVで見たものでなくてもいいんです。
刺激を受けてしまった食欲をとりあえず収められれば・・・
餓鬼症候群とでも呼びましょうか。みっともないですね。(-_-;)

長い独身生活を経て無事結婚できたのは良かったのですが
歩いていけるコンビにもスーパーもない山奥へ引っ込んでしまう羽目に。
おまけに年の半分をオーストラリアですごく事になっちゃった。
(日本と違って、おいしい物が入手しづらい)
物理的に上記のような深夜の衝動走り食いが出来なくなったのは良かったけど、
今度は有り余る時間を手に入れてしまいました。

お菓子作りなどあまり興味もなく、正直言えば面倒で嫌いなほう。
だけど簡単に出来そうなものや家にあるもので作れそうなレシピを見つけると、
俄然張り切って作り出しちゃいます。
問題は、決してそれがいつも家人に喜ばれるものでない事と
私が思い描くおいしいお菓子ではない事。なんです。
やっぱり、お菓子はレシピどおりに作らないとダメね。
[PR]
by tama_mami | 2005-04-08 00:13 | これ作った AU編